男性社員が多いところで働いています。そのせいか、下ネタをよく耳にしてしまいます。中には私に穂別とは何と質問してくる人もいます。まるで私が女として見られていないのかなと思ってしまいました。 「お前に穂別とはって聞いても知らないだろう。それに、ちゃんとした彼氏も今までいないだろ。」「失礼な。一年前にはいました。」「一年前だろう。」私に失礼なことを言う加藤さん。私は彼が苦手でした。しかし、会社の送別会で加藤さんが私の隣に座りました。最悪な気持ちでいっぱいでした。そんな時はお酒をたくさん飲むしかないと沢山飲みました。加藤さんに平気かと心配されましたが、そんな言葉を無視して飲み続けました。ところが、それから1時間後飲みすぎたせいでその場で寝てしまいました。 テレフォンセックス 次の日、目を覚ますとなんと隣には加藤さんがいました。しかも裸。私も服を着ていなかったので驚きました。慌てている私に隣に寝ていた加藤さんが目を覚ましました。「俺の家だけど、穂別とは別にお金いるか。」「いりません。それになんでここに私がいるんですか。」「覚えていないのか。あんなに夜中は盛り上がったのに。仕事の時と違ってすごく女性らしい体をしているんだな。またもう一回やらないか。」「やりません。」私は急いで服を着ました。そんな慌てる姿に加藤さんは笑っていました。 次の日、加藤さんと職場で会いましたがまともに目を合わせることができない私。そんな私に対して加藤さんはどんどん私に話しかけてきます。もう、思い出したくないのにどうしたらいいか分かりません。 雌奴隷 メス豚
書き込みはまだありません。
222